立地条件や景気次第で売却する不動産に買い手が現れる具合が大きく異なるし、売買相場にはかなりの変動幅があります。

売却用不動産に買い手が現れる具合に影響する立地条件や景気動向

売却用不動産に買い手が現れる具合に影響する立地条件や景気動向

売却用不動産に買い手が現れる具合に影響する立地条件や景気動向

我々が日常生活を送るにはどこかに住まいを構えているはずので、不動産持ちの人が住まいを売却して別の場所へ引っ越ししようと考える場合、引っ越し先を物色し、希望に沿う物件を決めたら不動産の売買契約や賃貸契約を締結して必要な費用を支払うとやっと新しい転居先に入居できるようになるわけです。一方で、この間に現在住んでいる住まいの売却交渉を不動産仲介業者通じて行うわけですが、立地条件や景気次第で売却しようとする住まいに買い手が現れる具合が大きく異なり、また、不動産売買相場にはかなりの変動幅があるといわれているので、売却代金を新居の購入資金に充当する積りならその目途がつくまで引っ越し手続きを進めるわけにはいきません。

そこで、あらかじめ家財道具の引っ越し費用に目途をつけるため引っ越し業者、数社の相見積もりを取っておいて、荷物の搬出と新居への搬入日程をペンディングにしておくことになるわけです。住まいの売却契約が終われば行政機関や金融機関等に各々、転出や転入に関する手続きを行うことができるのです。同時に、予定していた引っ越し業者と家財道具の搬出及び搬入作業日等の調整を始めるわけですが、荷物を搬出するまでは従来通りの住まいに生活を続けるのです。その後、ダンボール箱等に詰め込んだ家財道具を新居に搬入し、開梱して各部屋に整理整頓して生活できるようにするまではホテル等に仮住まいする必要があるでしょう。